【報告】「種からつなぐみんなのひまわりプロジェクト」現状報告

植え付け 夏に咲く黄色いひまわりを夢見て種をまく緑井地区の住民

 

昨年8月20日の豪雨による大災害からこれまで「私たちは忘れない」を合言葉に、緊急支援から半年後の2月は佐東公民館ほかで「つなぐプロジェクト(3日間)」を開催し、倶楽部の皆さんにご協力をいただきました。

そのプロジェクトの中で「被災地を元気づけたい、笑顔のひまわりを咲かせたい」という学生の想いが詰まった活動が生まれました。これは「福島ひまわり里親プロジェクト」に連動するもの。東日本大震災後に「福島県に復興のシンボルとしてひまわりを植えよう」と始まった活動に賛同した、広島修道大学の東北支援団体のラポールも関わり、自ら種を購入し、毎年『きずなの種』を広げています。

今年から安佐南区の被災地に植えようと、地域、NPO、行政、社協、経済大学など多くの方々にマッチィング等のご協力をいただいて、緑井八敷の公園をはじめ、山本小学校、八木地区は児童館、佐東公民館、佐東老人いこいの家、そして祇園西公民館にも植えていただくことができました。

緑井では、大勢の地域の方に混ざって見勢井理事長、被災者の土谷編集部長も暑い中を耕す作業から種まきの両日参加され、若い大学生の活躍を応援してました。学生が地域と関わり、被災地に寄り添う活動を通して成長し、友人を失くした私自身も含め、みなさんの深い悲しみから、少しでも前進するエネルギーにしていただけることを心から願いながら、あの日から一年の8月、被災地にみんなの想いが結集した、黄色に輝く大輪の花が咲くことを夢みています。

網張り ボランティアの学生たち

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

Powered by WordPress. Designed by WooThemes